Amazonタイムセール終了間近!お得な情報を見る

美容・コスメ系資格のおすすめ6選|仕事に活かせる知識を学ぼう

  • URLをコピーしました!
N@Osan

美容への興味や知識を資格に変えてみませんか?

好きなものを仕事にできるのは幸せですよね?

趣味と仕事は別の方がいいとよく聞きますが、そうとは限りません。

好きなものだからこそ、大変な局面を乗り越えられる場合もあります。

美容系の職業は、いつの時代も人気があります。

就職活動・転職活動で、役に立つ資格はとても多いです。

美容に対する興味や知識をぜひ、『資格』という形にしてみましょう。

資格を持つと、視野や仕事の選択肢も広がります。

数ある資格の中で、美容・コスメ系資格のおすすめを6選ご紹介します。

  • どの資格をとったらいいかわからない
  • 資格の違いがわからない
  • 資格取得までの方法が知りたい

このような方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

目次

美容・コスメ系の資格を取得するメリット

美容・コスメ系資格を取得するメリットについて解説します。ご紹介したメリットを踏まえて、美容・コスメ系資格の取得を検討してみましょう。

  • 美容系の仕事の役に立つ
  • 趣味を極められる
  • 自信につながる

美容系の仕事の役に立つ

 資格を取得する一番のメリットは、美容系の就職や実務に役立つところです。

 美容系の職業では、美容師・理容師以外は資格が必須ではありません。

 しかし、資格を持っている方が就職活動の際に有利になる場合が多いです。

 資格があると、客観的に知識があるアピールができ、お客さまからの信用も 得やすいです。

 その結果顧客の獲得にも繋がるため、資格の取得はメリットが大きいです。

N@Osan

美容系の資格は必須ではありませんが、ぜひ取得を検討してみましょう。

趣味を極められる

 美容系の資格は、仕事に就かなくても深い知識がついて化粧品購入の判断にも役立ちます

 資格取得のための勉強内容は、基礎的なものから深く掘り下げたものまでさまざまです。

 上級の内容は、普段の生活の中では学べないような専門的で複雑な内容です。

 好きであればあるほど、勉強中はワクワクで溢れます。

 資格の取得は、美容に対する探究心を満たし、自分のレベルアップにもなります。

自信に繋がる

 美容を趣味に留めても、仕事にしたとしても資格を持っているという事実が自信に繋がります。

 仕事であれば、お客様への接客話の材料になります。

 お客様の立場から見ても、正確な知識のあるスタッフへの信頼感が高いです。

 趣味であれば、知識を形にできます。

 毎日の美容に関する満足感も増えますし、美容資格は自分のモチベーションを上げるプラスになるものです。

 自分の肩書きに資格が加わると、自己肯定感も高まります

美容・コスメ系資格おすすめ6選

おすすめしたい美容・コスメ系資格を6つご紹介します。各資格のメリットや勉強方法についても解説しています。美容・コスメ系資格を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

日本化粧品検定(コスメ検定)|ビューティーアドバイザー

日本化粧品検定は、スキンケア・メイクアップ・ネイル・サプリメントなど 幅広い美容の知識を身につけられる文部科学省後援の検定です。

検定を通じての正しい知識で、自分もキレイになれます。

日本化粧品検定の合格率は、1級でも7割と高めです。

難易度も高くなく、しっかり事前の勉強ができていれば比較的取得しやすい資格です。

日本化粧品検定(コスメ検定)のメリット

日本化粧品検定は、美容系資格の主要となる資格で幅広い職業に活かせます

そのため、受験者は年々増加し100万人を超えており人気の高い資格です。

さらに、化粧品会社などの企業に社員教育として導入されるほど、信頼度も高いです。

最近では、検定合格を昇給や昇進の条件にする企業もあります。

日本化粧品検定は、履歴書にも記載できるほどアピールポイントになる資格です。

日本化粧品検定(コスメ検定)の勉強方法

日本化粧品検定試験は、公式テキストより出題されます

勉強方法は、公式テキストの熟読がおすすめです。

公式テキスト・問題集は、日本化粧品検定も公式サイトから購入できま   す。

さらに、日本化粧品検定は、コスメ検定としてユーキャンの通信講座でも  勉強ができます。

公式テキストはもちろん、ユーキャンオリジナルの用語集やガイドブック  などが付属した 教材内容です。 

質問ができる点が、独学ではできない通信のメリットです。

コスメマイスター|美容部員

 コスメマイスターは、スキンケア・エステティック・関連法規など広い分野が対象です。

 総合的に皮膚科学に基づいた化粧品に特化した基礎知識を身につけられます。

 こちらの資格は、男性の受験者も多く40代では男性の方が比率が高くなっています。

 コスメマイスターの合格率は8割と、合格へのハードルが低めです。

 web試験のため気軽に受けやすく、趣味での資格取得におすすめの資格です。

コスメマイスターのメリット

コスメマイスターは、日本化粧品検定と同じく幅広い美容関係の職業に役立ちます

こちらの資格には、資格取得者の特典が用意されています。

セミナー動画の視聴・最新のコスメやスキンケア情報のメールマガジンなど嬉しくためになるものばかりです。

コスメマイスターの勉強方法

コスメマイスターも、公式テキストから出題されます

テキスト内の例題などで出題傾向をつかみましょう。

合格率が高い資格ですので、テキストを使って勉強できていればスムーズに取得できます。

化粧品知識を日々のスキンケアやメイクにも活かせるため、自分のスキルアップにもなる内容です。

スキンケアマイスター|エステティシャン

 スキンケアマイスターは、美容の総合的知識を習得できる資格です。

 サプリメントや美容医療も含め、化粧品販売やエステティックなどで活躍するための総合的な内容です。

 スキンケアマイスターの合格率は8割程度と、高くなっています。

スキンケアマイスターのメリット

自分に合うスキンケアがわかるのはもちろん、スキンケア選びのアドバイスも的確にできます

接客を伴う美容系の職業でも役立ちますし、自分も正しいスキンケアができるようになります。

学んだ知識により、自分の肌もキレイになる嬉しい資格です。

スキンケアマイスターの勉強方法

日本コスメティック協会から公式テキストが出版されています

こちらをメインに勉強しましょう。

3択式ですので、基本の美容に対する基礎知識とテキストで十分合格できます。

受験はweb試験のため、自宅で気軽に受けられます。

化粧品成分検定|コールセンター

 化粧品検定は、化粧品のパッケージに記載されている成分表示を、読み解けるようになるための検定です。

 成分表示はとても複雑で、記載の順番や名称の記載方法など細かいルールがあります。

 お客様へのアドバイスはもちろん、自分にとっても肌に合うものか成分から確認できれば、安心して購入できます。

 化粧品成分検定の合格率は、1級で6割程度です。

 成分は日常生活ではあまり気にかけるものではないため、やや他の検定よりも難しいです。

化粧品成分検定のメリット

安心で安全な化粧品を選べます

肌質によっては合わない成分もあるため、事前確認ができます。

化粧品によっては、パッケージや広告では謳っていない隠れた力を持っている化粧品もあります。

そのような化粧品でも、成分が読み解けると目指したい肌になるための化粧品を選択できます

化粧品成分検定の勉強方法

公式テキストと問題集を購入しましょう。

成分名を見て機能を思い出せるようにします。

さらに逆の、機能を見てそれに合う成分を提示できるようにします。

あとは、問題集を暗記できるまで解き続けるのが重要です。

化粧品成分検定は、暗記するほど頭にしっかり入れる必要があります

美容薬学検定|美容アドバイザー

美容薬学検定とは、美容と健康のための知識検定試験です。

化粧品・サプリメント・健康補助食品に対する知識を習得できる検定です。

このような美容分野で働きたい方には、面接などでの自己PRとしても利用できます。

購入したい商品の専門用語がわかるなど、日常生活にも役立ちます。

美容薬学検定の合格率は、どの級も7割程度ですが、専門知識を問われる問題が多いです。

薬学検定は、他の資格や検定と違い、試験の正答率によって、1級・2級・不合格の判定がされます。

美容薬学検定のメリット

健康に対する知識がつくため、健康の大切さを認識し、健康への取り組みの後押しにもなります

健康は何をするにも必要不可欠です。

就活・転職活動にもおすすめです。

自己PRの一つとして自信を持ってアピールしてください。

美容薬学検定の勉強方法

美容薬学検定の公式サイトで、公式ガイドと過去問が販売されています

特に過去問は、重要問題がピックアップされているので試験対策におすす  めです。

用語集代わりの詳しい解説もポイントです。

この2冊を使って、しっかり勉強しましょう。

日本メイクアップ技術検定|メイクアップアーティスト

日本メイクアップ技能検定は、メイクアップを職業とする方への、技術力・ 接客力・知識力を高めるための検定です。

メイクアップの基準は、一般社団法人JMAが定める基準が基本になります。

メイクアップに携わる方にはもちろんですが、日々のメイクにも役立てられ ます。

日本メイクアップ技術検定の合格率は、3級では7割程度です。

実技試験ですが、それほど難易度は高くないです。

しかし、1級では2割程度とかなり難しくなります。

日本メイクアップ技術検定のメリット

メイク記述の基本から、悩みに合わせたテクニックが必要なメイク方法が習得可能です。

美容部員やメイクアップアーティストを目指す方の、大きな武器になります。

美容関係の職業につかなくても、自分のメイクに技術を取り入れると自信にも繋がります。

印象のいいメイク方法の実践など、現在の仕事にも役立てましょう。

日本メイクアップ技術検定の勉強方法

JMAオンラインストアで、公式テキストが購入できます。

さらに、検定対策でセミナー動画を有料視聴できます。

実技試験のため、動画の視聴はおすすめです。

当日お願いするモデルの方に、練習もお願いできると予行演習にもなります。

他の検定とは違い、技術を問われる検定ですのでぜひお願いしましょう。

美容・コスメ系資格のおすすめ6選一覧表

資格費用受験方法活かせる職業
日本化粧品検定(コスメ検定)3級 無料2級 6,600円(税込)1級 13,200円(税込)3級 web試験2級・1級 会場試験・美容部員・メイクアップアーティスト・美容師・トータルビューティアドバイザー
コスメマイスター5,500円(税込)web試験・美容部員・メイクアップアーティスト・美容師・トータルビューティアドバイザー
スキンケアマイスター5,400円(税込)web試験・美容部員・エステティシャン
化粧品成分検定3級 無料2級 6,600円(税込)1級 11,000円(税込)3級 web試験2級・1級 会場試験・美容部員・コールセンターオペレーター・化粧品製造・原料会社勤務
美容薬学検定6,700円(税込)自宅での記述式・美容アドバイザー全般・美容カウンセラー
日本メイクアップ技術検定3級 8,580円(税込)2級 8,580円(税込)1級 13,200円(税込)会場試験・メイクアップアーティスト ・美容部員
2022年8月時点

日本化粧品検定とコスメマイスターの違い

日本化粧品検定とよく比較される資格のコスメマイスター、この2つの資格は非常によく似ています。

試験内容は、両方ともコスメに関する知識を深める内容です。

内容が同じであればどちらを受験した方がいいのか悩みます。

一番大きな違いは、受験方法の違いです。

日本化粧品検定の1級と2級が会場試験に対して、コスメマイスターの試験はすべてweb受験です。

就活・転活に役立てたい方は、日本化粧品検定をおすすめします。

日本化粧品検定は試験会場での試験のため、テキストを見ながらは解けません。

実力での合格と判断してもらいやすいため信頼性が高いです。

スキルアップのための受験であれば、場所を選ばずに受験できるためコスメマイスターをおすすめします。

この2つの検定は、資格取得の目的で選びましょう。

美容・コスメ系資格は可能性を広げてくれる

美容資格の取得は、就活・転活のために役立つものばかりです。

自己PRや肩書きに美容資格があると、知識があるアピールにもなるため、お客さまからの信用も得やすいです。

さらに、接客に欠かせないお客さまとの会話も、中身のある充実した内容になります。

仕事に活かすためでなくても、知識を増やすと自分のスキンケアやメイク技術にも利用できます

肌の調子やメイクの仕上がりがいいと、毎日の生活も楽しくなります。

自分の目指している職業に活かすにはどの資格がいいのか、本記事を参考に選んでいただけると幸いです。

この記事を書いた人

N@Osan

美容大好きな、中学生と小学生の母です。
美容に関してなら、時間もある程度のお金も惜しみません🤣
なりたい肌を目指すべく、毎日奮闘中。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次